必見!よくわかるアパート経営

LINE UP

TOP > アパート経営について > アパート経営と立地の重要性と経営手腕

アパート経営と立地の重要性と経営手腕

 アパート経営などの不動産投資で重要なのが立地です。
需要と供給を考えればわかりやすいですが、土地はそのままでは利益を産まず、税金だけがかかります。
それでアパートやマンション、住宅などを建てて、家賃などの収入を得ます。
農地などにして作物を栽培したり、貸店舗や事務所などを建設して、それを貸したりもしますが、それらの方法を考えて、収益を生み出していきます。
その場合、収益を出してくれるのは借り手です。
逆に言うと借り手がいなければ、どんなに立派な魅力的な住まいを作っても、収益は得られないということになります。
立地が重要だということでは、その借り手が多い立地が重要ということになります。
そうなると人口の多い都会の方が地方よりも需要が多いので有利になります。
また儲かるわけです。


 立地ということでは、同じ地域に競争する相手がどのくらいいるかということも重要です。
それは将来にわたり考えなければならない経営の条件になりますが、競争相手が少なければ需要と供給のバランスが有利に働きますので利益を得やすいということになります。
地域によって需要という一定のパイがあり、それを取り合うのがアパート経営ということになります。
それで将来にわたり、人口が増える可能性の高い都市の郊外などで始めるのか、過疎化が進むと言われる地域で始めるのかということでも立地の条件に差が出てきます。
不動産投資では、経営という意味でも入居者の確保が将来にわたりできるかどうかの確認が非常に重要だということがわかります。
例えば建物は良くなくても乗り降りの激しい駅から近ければ、それだけで入居者の確保がしやすくなります。


 それが地方の田舎では、いくら良い建物を建てても、需要が少ないので、空室率が高まる可能性が高くなりますし、他の土地の利用方法がないので、競争相手が常に増える可能性もあります。
そうなると、競争相手に対しても、よほど条件を有利にしないと入居者を確保できないとなります。
そう考えると、人口の多い地域で始める方が有利になるということがわかりますが、その場合は、土地や建物の価格もそれなりに高くなるので、コスト面の知識も重要になります。
不動産経営では、長期間家賃収入で収益をあげていくということになるので、経費をおさえたり、転売を考えたり、家賃を安くしたりという経営面の手腕があるかどうかも重要な点です。
臨機応変に対策を立てていかないと、競争に勝ち残れないという場合もあるからです。

PAGE TOP